発見された効果

木で出来ている椅子

昔はひのきと言っても、その木材としての使い勝手や素材としてのキレイさくらいしか注目されていませんでした。しかし、研究が進む中でひのきの驚くべき効果が少しずつ発見されていきました。中でも特に注目を集めたのが、香りが持つ精神的な作用です。他の木とは違う独特な香り成分を含んでおり、人間の心を安らかに保ってくれると言う研究結果が発表されました。その効果を追求すると、血の流れを良くすると言う部分にまで辿りつく程、その効果は実用的なものとして証明されています。現代人の心臓病や脳卒中などの病気を防ぐためにも非常に効果のある素材として、脚光を浴びたと言うわけです。普段、寝る時に使用する事によって長時間に渡って効果を発揮する事からすのこベッドが人気となっています。

普段、我々がハイキングなどで山を訪れる際にも行う森林浴と呼ばれるものは、リラックス効果があるとして知られています。家庭の芳香剤や消臭剤にもこの成分が含まれており、少しずつ身近な存在へと変化しています。その中でも、ますます身近なものとして機能してくれるのがすのこベッドです。人間は睡眠時間が7時間程度あり、1日で過ごす割合として見るとかなりのものになります。その時に、このすのこベッドを使う事によって大きな作用をもたらすのです。今後は家造りの現場でも注目されていくひのき素材ですが、すのこベッドもおなじように普及が進んで行くでしょう。現代人のストレスを緩和させてくれる必要不可欠な成分として、幅広い層に支持されて行きます。